管理栄養士のひとりごと TOP > ひとりごと > 心臓のバイパス手術を受けた兄 その後・・・

心臓のバイパス手術を受けた兄 その後・・・

2012年6月30日 12:51 / カテゴリ:[ ひとりごと ]

心臓のバイパス手術を受けた兄ですが、

その後、脳梗塞で倒れて、半身不随になりました。

手術から2か月後のことです。

リハビリで、なんとか歩けるようにはなりましたが、

利き腕の右手が動かず、思うように食事も取れません。

そんな兄を見ていると、好きなものを自由に食べられるというのは

本当にすごいことなんだな・・・と感じます。

高血圧もあるので、できるだけ塩分は控えないといけませんが、

なんといっても、あれだけ早食いだった兄が、

食べるのに時間がかかるので、だいぶスリムになりました。

やはりよく噛んでゆっくり食べることは大事なんだと思います。

あとは食べる量も、食べにくいということもあり、

かなり減ってきたように思います。

運動量が減るので、おなかもすかないと兄は言います。

食事は、毎日楽しんでとれれば最高の贅沢なのかもしれません。

でも、今の兄は楽しんで食べることができません。

うまく食べられないのですから・・・。

栄養面も大事かもしれませんが、

簡単に食べられる工夫というのも考えないといけないのかもしれません。

手で食べるというのはどうかと思いますが、

ご飯はおにぎりにするとか、串にさして食べやすくするとか。

本人の練習のためといっても、

食べることが義務になっては、おいしいものもおいしくありません。

食事を提供する側は、そのへんの工夫も必要だな・・・

と感じる今日この頃です。